どんなサービスなのか

ビルの模型

賃貸保証会社のサービス内容は、賃貸契約を結ぶ時に借主の債務負担を保証すると言うものです。賃貸借契約においては今も昔も、借主がキチンと賃料の支払いを行うことが欠かせません。貸主としては家賃収入で生活や収益不動産を維持しており、まだローンが残っていたりして抵当権の問題もあります。ですから、お金が入ってこないのは一大事なのです。そこで従来は保証人を立てるケースがほとんどでした。借主のご両親や知人などを保証人として指定することで、万が一借主が賃料を支払わない時には、その支払債務を代わりに負担すべき相手を定めておいたのです。これによって借主が夜逃げしてしまっても、貸主は保証人から支払いを受けられます。ただし、今は時代が変わって保証人を立てるのが難しい人も増えました。地方から都会に出てきたような場合ですと、田舎の両親を保証人にしても、取り立てるのが一苦労になります。その問題を解決するために賃貸保証会社が登場し、今では利用が広がっています。このサービスを利用すれば、両親などに頼まなくても連帯保証人として賃貸保証会社を指定可能です。これによって誰でも手軽に賃貸契約を結べるようになりました。貸主の方も連帯保証人の身元がキチンとわかるのはメリットです。

債務負担が減るわけではない

賃貸保証会社を利用するには、一定の費用がかかります。物件や賃料にもよりますが、そこまで高額になるケースは稀でしょう。このサービスを利用する時に気を付けたいのは、賃料を支払わなかった場合の債務についてです。連帯保証人は基本的に、借主が債務を支払わなかった時に肩代わりはしてくれますが、求償権と言って払った分を取り立てる権利を持っています。つまり、借主にとっては債権者が貸主から賃貸保証会社にかわるだけで、結局はお金を払う義務は消えないわけです。「万が一の時には家賃を払わなくていい」と言うことではない点に注意が欠かせません。なお、利息なども請求されるため、支払いをしないでおくと結局、負担は大きくなります。また、賃貸保証会社は一般的に両親や知人に頼む時と違い、支払いについての融通などは難しい面があるでしょう。両親が保証した場合ですと、余裕がある時に払える分だけと言うことも可能かも知れません。しかし、賃貸保証会社の場合は柔軟な対応は考えにくく、支払わない場合には強制執行を行ったりして、財産を差押えられることもあるでしょう。メリットとデメリットを見比べて、選ぶことが大切です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中