HOME>オススメ情報>活用することで得られるメリットについて解説

困っている時に助けになる

案内する人

賃貸保証会社というのは、入居者が家賃を払えなくなった時に立て替えをしてくれるサービスです。その仕組みは、入居者は毎年家賃に応じた保証料を支払います。保証委託料とも呼ばれ、初年度は家賃の約1ヶ月分を支払います。その翌年からは会社によって違いがありますが、年に約1~2万円を支払います。入居者が急な出費や給料の未払いなどによって家賃が支払えない時には、大家に立て替えてくれます。賃貸保証会社を利用するかどうかは、入居者ではなく大家や管理を任されている不動産会社が決めます。いくら入居者が保証会社を利用したいと考えていても、大家や不動産会社か了解しなくては難しいのです。

大家が活用することのメリットについて

大家のメリットは、入居者が万が一家賃を滞納しても、賃貸保証会社がその穴埋めをしてくれることです。多くの大家は、賃貸住宅を経営する場合は、ローンを組んで建てています。入居者の誰かが1ヶ月でも支払いを遅らせた場合、そこには穴が開いてしまいます。ですが、賃貸保証会社を利用している場合は、その心配はいりません。また、これまでは家賃が遅れた場合は、入居者への連絡はすべて大家がしていました。ですが、家賃の催促は間違えると人間関係にヒビを入れてしまう可能性もあります。賃貸保証会社を利用している場合は、代わりに督促をおこなうので、その心配もいりません。

入居者が利用するメリット

利用者が利用するメリットは、保証人を探さなくてすむことです。これまで、賃貸住宅に入居する時には、保証人が必要でした。ですが、両親が高齢だったり、友人や知人になってくれる人がいなかったら、どれだけ住みたくても、理想の家には住めないのです。ですが、賃貸保証会社を利用することで、保証人が見つからなくてもスムーズに住みたい場所に住むことができます。賃貸保証会社は、大家と入居者の両方にとって、心強い味方になってくれます。

内部1テキストリンク1

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-1

内部1テキストリンク2

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-2

内部1テキストリンク3

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-3

内部1テキストリンク4

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-4

内部1テキストリンク5

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-5

広告募集中