HOME>トピックス>保証会社のおかげで連帯保証人がいらなくなった。

賃貸保証の役割とは

間取り図

家には持家と賃貸の二つがあります。そのうち賃貸の住宅を借りる場合には、昔から連帯保証人が必要だったのです。連帯保証人の役割とは、もしも家賃の滞納が発生した場合に備え、貸主が借主ではなく保証人に請求することが出来るからです。それにより貸主の損害を防ぐことが出来たのです。しかし、連帯保証人を事情により建てられないような人がいます。そのような時に便利なのが、賃貸保証会社なのです。

賃貸保証料はどれくらいか

オフィス

気になる費用ですが、借主が賃貸物件を借りた時に、連帯保証人がいない場合には、賃貸保証会社に依頼をしてその時に保証料を支払うのです。この保証料はある程度のばらつきがありますが、家賃の半月から1か月分くらいが目安です。

連帯保証人が要る場合は必要ない

もちろん当たり前のことですが、連帯保証人が立てられる場合には、基本的には賃貸保証会社を利用することはありません。しかし昨今では様々事情により親族や家族、友人とは疎遠な人が目立ちます。そのような人たちのための制度でもあるのです。

貸主にも安心な制度

大家としては、借主に家賃を滞納されるのが一番困ります。ですから借主が払えなくなった時に、代わりに賃貸保証会社が貸主に支払うのです。その後保証会社が、借主に建て替えた分を請求するというシステムなのです。

広告募集中